保証人の代わりをする会社|マンション経営のリスクが心配なら見ておく価値あり

マンション経営のリスクが心配なら見ておく価値あり

つみき

保証人の代わりをする会社

つみきとお金

部屋を借りるための審査

アパートやマンションの部屋を借りる時には保証人が必要ですが、最近は賃貸保証会社を利用する不動産屋が増えています。人間関係が希薄になっており保証人を立てられる人が減っているからです。保証人を頼まれる側になれば、迷惑でもあります。そんな社会風潮が、賃貸保証会社を生み出したのです。ただし賃貸保証会社の保証を受ける場合、審査があります。カードの審査と同じで、過去にローンの滞納などをしていると審査が通らずに部屋を借りることができなくなります。そのような人は滞納分を支払って身の回りをきれいに整理しておけば、審査に通ります。気に入った物件があっても、審査が通らないために入居できないといった状況をクリアすることができます。

収入に応じた部屋を探す

保証人が見つからない人には便利な賃貸保証会社ですが、不動産屋やオーナーにとっても都合が良いのです。従来の保証人の場合はトラブルが多かったのです。入居者が夜逃げしたり家賃を滞納した時には保証人に請求をしますが、その時に揉めるのです。訴訟にまで至ったケースもあります。しかし賃貸保証会社にすれば、家賃を滞納した時点ですぐに保証会社が支払ってくれるのです。不動産屋やオーナーにとっては安全で確実に家賃を回収できるメリットがあるのです。その代わり滞納した入居者は、保証会社から取り立てを受けることになります。その点は厳しくなります。入居者がフリーターなどの場合は賃貸保証会社の審査が通りにくいので、家賃の安い部屋を探すようにします。収入に比べて家賃が高すぎる場合は審査に通らないからです。