留守宅を管理・活用する|マンション経営のリスクが心配なら見ておく価値あり

マンション経営のリスクが心配なら見ておく価値あり

つみき

留守宅を管理・活用する

レディー

遠くにいても安心

転勤等で遠方に引っ越すことになった場合、悩みの種となるのが不在期間中のマイホームの管理です。家族そろって海外赴任ということにでもなれば、空き巣や不審火などのトラブルに見舞われてもすぐに駆けつけることができません。また不在期間が長期にわたる時は、時々通気をしたりしないと家屋の傷みが早まってしまいます。こうした悩みを解決してくれるのが、リロケーションというサービスです。リロケーションは、住所移動に伴って一時的な空き家となった住宅の管理を手がける不動産関連サービスです。定期点検や非常時対応など、所有者に代わって管理を行い、資産価値の維持に努めます。さらに、留守の間だけ他人に貸したいという場合も、リロケーションサービスを利用すれば業務を代行してもらえます。

有効活用で収入獲得も

住宅は誰も住んでいない状態であっても、固定資産税等の維持費がかかります。ローンが完済されていなければ当然ながら返済を続ける必要があります。その一方で、引っ越し先では新たな住居費が発生します。この負担を軽減するためには、留守宅を活用するというのが有効な対策となります。その具体策として人気が高いのが、定期借家制度の適用です。定期借家とは、一般の賃貸住宅と異なり、契約期間を自由に設定できる代わりに契約更新はしないという賃貸システムです。これを使って留守宅を期間限定の賃貸住宅として利用し、家賃収入を家計の足しにするのです。リロケーションサービスを利用すれば、入居者探しから契約の締結、家賃の収納、物件管理といった賃貸運営に係るすべての業務を委託できます。